きまぐれ映画鑑賞

昔の映画が多いですが、まぁ読んでってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン

なんの予備知識もなく見てましたがなんじゃこれ、すげー面白い。テンポ、コメディ、サスペンス、アクション
ホラーを詰め込んで一気に2時間魅せられました。で、調べてみると監督エドガー・ライト ショーン・オブザデッドを撮った人です。正直ほとんど忘れてましたがのりのいいお馬鹿なゾンビ映画だった記憶があります。あわてて見直しましたが主人公と相棒同じ人ですね。のりのよさは同じ監督だけあって似ていますがこちらのホット・ファズのほうがさすがに練りこまれて面白いです。
 ネタバレすると面白さ半減なのでしませんが、後半の怒涛の展開はたまりません。最近では一押しです。て2007年製作なんですね・・・。まぁレンタルしても損のない映画だと思います。あ、あとティモシー・ダルトンの存在感もすごいです。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/29(日) 10:50:41|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ターミネーター4

アバターを見たらターミネーター4もついでに書いときます。あのアバターにでてくる兵器の重厚さ、渋さをみるとキャメロンが撮ったら別のものになるんでしょうね。
 で、感想ですがまぁ面白くないとはいわないがなんかもう自分の求めてるターミネーターではないです。バイクのターミネーターとか確かにかっこいいですし、ほかにもトランスフォーマーみたいなのもいるし、そこだけは面白いんですけどなんか違和感というか話に乗っていけなかったです。最近多いフィルターかけたかよくわからんけどなんか白っぽい映像も好きじゃないし。うーん、なんでだろ。キャラが全体的に薄っぺらいからかなぁ。
 キャメロン監督の素晴らしいところはアクションの呼吸がめちゃくちゃうまいところにあります。CGばかりよくいわれますがたとえばターミネーター2で自分が一番好きなシーンはT2000が追っかけてくるところなんですよね。あのスピードと車がバックで必死に逃げる。切り替えしてスピード落ちる、で追いつくあの一連の緊張感。あーゆーのとれるのがキャメロンですし、その緊張感がターミネーターというふうに思ってるから今の4を見ても熱い気持ちになれないんではと。とまぁアバター見たらそんなことを考えました。なんか話がぐだぐだですいませんね。
  1. 2010/01/26(火) 18:53:23|
  2. TV
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

アバター

あんまりメジャーなのは避けるようにしてたんですけどさすがにジェームス・キャメロンの新作とあっては重い腰をあげて見ざるをえないし、書かざるをえません。といっても1年ぶりの更新か・・・
 なんといってもターミネーター1,2、エイリアン2、アビス、タイタニックとついでに殺人魚フライングキラーですが寡作にもかかわらずこの圧倒的な当たりの確立は稀有ですね。
 タイタニックで多少ロマンスはいってましたが、今度のは待ちかねたアクション満載で相変わらず見せ方うますぎ、兵器描写、悪役側だけどかっこよすぎ(人間のクズですが)。あの大佐のロボ脱出のシーンは主役ばりの見せ方ですし。CG映画の始まりからこだわってきた監督だけに細部の描写からアクションシーンまで見せまくりです。戦争シーンはエイリアン2を遥かにパワーアップした感じでした。これは映画館でみるべき映画です。
 ちなみに自分は川崎アイマックス吹き替え版をみましたが、字幕派の人でもこの映画は吹き替えがお勧めします。正直3Dだと字幕みずらいし、字幕を追うと映像に集中できなくなります。劇中の部族間の字幕でも気になったぐらいですから全編だときついんではないでしょうか。3時間近くあっという間の単純に面白い娯楽映画です。それにしてもジェームス・キャメロン凄すぎ・・・。でもよく考えるとこの映画ってエイリアン2のエイリアンがまともな宇宙人だったなら、という仮定の話にするとでてくる配役のポジションが(性格までも)めちゃくちゃに似てるのですがまぁ面白ければいいです。
  1. 2010/01/26(火) 18:28:25|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンピース ザ・ムービー チョッパー 冬に咲く奇跡の桜

これはやばい。号泣ものですね。原作のここが好きな人は観るべきでしょう。
ただヒルルクとチョッパーのエピソードがあまりにも突き抜けて良いため他のキャラや物語は正直どうでもよくなってます。それを差し引いたとしても後半の怒涛の展開は素晴らしい。
 いい年した大人がしゃくりあげながら観てました。他のワンピースの映画は惹かれないんで観てないですが、このエピソードだけは気になってたんで見ましたが大当たりです。原作読んでない人も楽しめるかはちょっとわからないですが、へたな泣ける映画よりよっぽど破壊力あります。
  1. 2009/04/23(木) 10:29:15|
  2. まんが、アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハプニング

ナイト・シャラマン監督の新作です。後半失速していくのは毎度のことなのであまり気にしないようにみましょう。つかみは最高です。あの不条理な感じのぞっとする雰囲気は日本の黒沢清のCUREを連想させますが映画のなかでの説得力、怖さはCUREが遥かに上です。でもこの人のサスペンスというか独特の盛り上げ方は健在でハリウッド映画にはない緊張感を味わわせてくれます。この演出の仕方、例えば風のなびく音、ギシギシいうブランコ等は結構日本人好みなのでは。(ただ自分が好きなだけなんですが)
 この人はつかみだけイメージしてノリで撮っちゃうんでしょうかね。一応今までの彼の作品は全部見てるんで、あぁ、ここは突っ込んじゃいけないんだなとスルーしながら見てます。惜しいんです。あともう少しシナリオ練ってくれれば・・・次の作品に期待しましょう。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/02/10(火) 19:54:28|
  2. サスペンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来世紀ブラジル

この映画でまず思い出すのは友人から聞いた話(実話)

チケット売り場で
男「惑星都市メキシコ一枚ください。」
窓口のおねーさん「え????」
男「だから惑星都市メキシコ一枚っ」
おねーさん「あぁ、未来世紀ブラジルですね」
男「あぁ、それそれ」
後ろに並んでた友人「一文字もあってねーじゃねーか!でもすげーわかるw」

それ以来惑星都市メキシコという名がもう十年以上もたつのに条件反射のように思い出されます。このいやな条件反射をこれを読んでいただいた方にも共有できれば幸いですw
 あ、映画は最高です。観てね。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

  1. 2009/02/01(日) 10:28:38|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イースタン・プロミス

久々の更新です。クローネンバーグ監督の演出、ヴィゴの演技、前作以上にシャープでダークです。
得意のバイオレンス描写は以前のマニア向けではなくすでに巨匠といわれる域に達してます。
尺も長すぎずまったくだれません。久々に映画見たのですがこの映画のおかげでまたぼちぼち観て更新していきます。

それにしてもこれがホラー撮ってた監督とは思えないほど洗練されたなぁ。年をとることでいい方向
に向かってる監督もめずらしいです。まだまだがんばって欲しいですね。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

  1. 2009/01/30(金) 14:33:40|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャイアント・ロボ 地球が静止する日

 昔のOVAの作品ですが大好きです。小さい頃バビル2世にはまっていた自分には
サービス満点な横山光輝作品です。とはいっても監督が今川泰広監督。熱いアニメ
撮らせたら右にでるものはいません。他の作品ではミスター味っ子、Gガンダムなど。
 中年オヤジがここまで男らしく男汁まきちらしながら縦横無尽にかけめぐるアニメ
はそうそうないでしょう。あ、でも一応少年が主人公ですが、なんか力の入れ方が
明らかに違う気がします。なにしろみんなロボより圧倒的に強いですし・・・
名前も「衝撃のアルベルト」やら「素晴らしきヒュッツカラルド」やらね。もうたまんないですよ。
呼ぶ時も「よう、衝撃の」ですよ。一番効くツボを押されまくりです。
 無気力な日々を打開したいときは栄養ドリンクよりよっぽど効きます。
  1. 2008/02/27(水) 21:40:23|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパイダーマン3

素晴らしい出来栄えです。続編になるたびパワーアップできるのはサムライミが一貫して撮っているからなせることでしょう。そう考えるとXメンは惜しいことしました。
 あの空飛ぶスケボー(表現が古臭い・・)純粋にかっこよさにしびれました。カメラワークにしても演出にしても決まりすぎてて鳥肌たちます。そしてお約束だが男ならしびれるあの最後の展開。王道で押し切って勝利した映画です
  1. 2008/02/22(金) 17:41:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

殺したい女

ベット・ミドラーのキャラをうまく使った愛すべき映画です。
周りのキャラ、気弱な夫婦、旦那役のダニー・デービットも
いい味出してます。ブラック・コメディではありますがここまで
後味がいい映画もなかなかないでしょう。
  1. 2007/11/21(水) 14:49:55|
  2. コメディ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輪廻

呪怨を撮った清水崇監督の映画です。
呪怨に関しては劇場で見に行ったので正直びびりまくってみてました。
あのすすけた家の描写が秀抜であの親子よりが出てくるよりも怖かった記憶があります。
 で、それ以来一応チェックして見てたのですがなんかこの人の映画は筋よりも、1つ1つのシチュエーションでどれだけ怖がらせるかのみを考えながら撮ってるようで、それも引き出しが少ないような気がします。少女、人形、ゾンビ、色白の顔、8mmのフィルム、etc・・。まぁ人を怖がらせる小道具としてしか考えてないような・・・なんかそれの寄せ集めの映画ですね。まあそれがホラー映画っていっちゃぁおしまいですがね。でもこの人の演出がワンパターンでもういいよって感じに自分は感じてしまいました。
 シナリオは多少ひねりがありましたがそれを最優先したために、逆に盛り上がらなくなったり矛盾ありまくりで乗り切れなくなってしまいました。1回違うジャンルの映画撮ったほうがいいんじゃないかな。せめてサスペンスよりの。あまりにもこけおどし的な魅せ方が鼻についてきましたんで。
  1. 2007/07/09(月) 08:59:49|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 期間限定版 硫黄島からの手紙 期間限定版
渡辺謙 (2007/04/20)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

 まずはこの映画を撮ったのが日本ではなくアメリカで作られたというのが複雑です。最近観た日本の戦争物はローレライだったのであまり比較できるもんじゃありませんがなんか情けないですね。時代考証、衣装、美術などが遥かに向こうのほうが上ですし、役者もそこそこ演技してましたし(声の通りが悪く感じるのは、日本語でNG出せる人がいなかったからなのかな)。細かいところをあげればアラはありますが自分では映画に入り込めるレベルは十分クリアしてました。
 クリント・イーストウッド監督の最近の静かな作風は変わりません。おそらくこの路線で個人を内面中心にたんたんとした画面にあらゆる感情を詰め込んでいく。ただ役者の演技力が少々平坦で画面の陰影、画像のきれいさでしか表現できなかったのは残念です。映像が美しいため、逆に追い詰められて玉砕せざるをえない日本兵の苦悩がなんかうわっすべりに感じてしまいました。とはいえここまで外国人が作れるのは驚異的ですが・・・。戦争賛美とか戦争責任という問題を常にチェックされてる日本ですからこういう映画を撮るのは難しいとは思いますがそれが外国で作られて日本のレンタルDVDで1位とか聞くとなんか間違ってるきがしてなりません。話変わりますが「人間の条件」を見てない人は一度観てください。10時間以上ですがあまりにも骨太な演出に魂抜かれます。この気合をもう一度!
  1. 2007/06/30(土) 21:28:16|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死霊のえじき

死霊のえじき 完全版 死霊のえじき 完全版
ロリー・カーディル (2004/10/22)
ハピネット
この商品の詳細を見る

ロメロ監督ゾンビ3部作の3作目。原題、DAY OF THE DEAD。なんと貧相な邦題をつけたんでしょうか・・・ホラーファンなめてます。
 前作「ゾンビ」が人間対ゾンビが5対5とするなら今回は1対9ぐらいまで人間が追い詰められてます。冒頭、街で拡声器で呼んでもさびれた町からゾンビとワニしかでてきません。最初のシーンで現在の状況を全て悟らせてくれます。地下の施設にたてこもる人々が今回の主役たち(犠牲者)ですがしょっぱなから仲悪すぎて、自滅の道を歩むのは必然でしょうね。前回は人数が少ない分団結力がありましたが今回は軍人、科学者、ひげずらの粗野な人々とどう考えても共存できないタイプが勢ぞろいしてます。今回はここでの攻防戦が話の中心です。ここで重要なのは必ずゾンビに殺されるきっかけは人間同士の争いによって引き起こされていきます。集団でいる時の人間の弱さ。必ず人間にあるエゴ。それが極限状況にあるとき、抑えがきかなくなる弱さ。必然的に自ら死を呼び込んでいます。ここにきて人間よりゾンビに対する愛情が勝ったロメロ監督であります。そう、初めて名前を与えられたゾンビ、バブ。知性を持ち始めたゾンビが登場します。ロメロ監督のゾンビ愛の結晶ともいえる彼は自業自得で自滅していく彼らに人間らしい復讐という感情を持って人間の武器の象徴である銃によって引導を渡してくれます。彼の敬礼で終らせたかったんではないかと思うほど素晴らしいシーンです。このテーマも次に引き継がれているのがロメロ監督らしいです。でもこの調子でいくとゾンビだけの世界を最後に撮るんでしょうね。そこまでがんばって欲しいものです。
 
  1. 2007/06/27(水) 22:25:31|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怨霊の森

怨霊の森 怨霊の森
アグネス・ブルックナー (2007/01/01)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 微妙につまらない映画です。雰囲気、語り口などはうまくセンスはあると思うんですが、設定がありきたりなのとテンポが悪いせいか1時間30分ぐらいですが長いなぁと感じてしまいました。
 このラッキー・マッキー監督は他にMAY、マスターオブホラーで虫女など撮ってる監督で女性の生理的グロさでインパクトがあったのですがこの映画に関して言えばところどころは、らしさはあるんですが学園の謎の引っ張り方が下手で惜しい映画になってます。この次に期待します。
  1. 2007/06/26(火) 20:36:22|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼畜

 観るたびにやりきれない思いを感じる映画です。
自分の子供を置いて逃げる母親、自分の夫に子供を殺すよう教唆する女房、自分の意思が弱く言われるままにわが子を置き去りにし、崖から落とす夫。そんな大人にただ振り回される子供に胸がしめつけられます。
 特に東京タワーに置き去りにされた女の子の最後の振り向いた目・・彼女の孤独感を考えるだけで、背筋が寒くなります。
 緒方拳のあまりにも意志薄弱ぶりに観てるほうはほんといらいらさせられます。しかしそれを納得させるあまりにも鬼畜NO1の岩下志麻。後姿だけで鳥肌たちます。あの赤ん坊を見つめる目・・・本能として共存できないいらだち、怒りが爆発しまくってます。あれじゃあ勝てるわきゃないです。その辺の力関係、意思の流れがだんだん具体的になってくる描写が実にうまく、緒方拳が最初子供に慕われていたぶん、鬼畜になっていく様が余計胸にささります。 
 野村芳太郎監督の松本清張作品の独特の懐かしさを感じる風土、むせるような夏の暑さの表現。汗まみれのシャツ、汗でぬめってる肌。その中での凍えるような心。あの寂しげなオルゴールの音楽の効果もあってラストは嗚咽もんでした。砂の器もそうだったけどなんか昭和の日本ですね。
最近ニュースで気分の悪くなるニュースばかりです。モラルの境界線がずれてると感じてる今、特に観て欲しい映画です。


  1. 2007/06/23(土) 22:19:01|
  2. ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パプリカ

筒井康孝のアニメ化、映画化が流行ってるんだろうか。それも出来がいいのが続いてますね。今まで今敏監督のアニメは正直ツボではなかったんであんまり評価してなかったのですが。あの夢のパレードの狂気、セリフ回し、極彩色の悪夢の描写、独特の脳にくる音楽には圧倒されます。夢と現実のリンクが繰り返されるため、話がみえずらいですがそんなことは自分はどうでもよかったです。あまり考えず映像の洪水に心地よく浸れました。夢の表現力は圧巻でした。やっぱ映画館で見に行けば良かったな。
 ここまでできるなら今度は七瀬シリーズで心の中の映像化期待します。特に壊れた人のあの表現をどう映像化するのか興味ありますね。
そのうち誰か作ってください。あと薬菜飯店もついでに同時上映で。
  1. 2007/06/22(金) 09:07:08|
  2. まんが、アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミザリー

怖さでいったら、これを超えるのはなかなかないと思いますね。
 ふと思ったんですが自分にとって恐怖を感じる映画というのは人間の恐ろしさですね。ゾンビ、幽霊、クリーチャーなどいろいろなタイプの恐怖を与えてくれますが、こう日常生活のなかの隙間の狂気が自分にとって締め付けられる恐ろしさを感じます。また人間のドラマなのでサスペンスからホラーへエスカレートしていく盛り上げも理由の1つでしょう。たとえば呪怨でしたっけ。あーゆータイプの映画ははじめから身構えてみるので逆に心に耐性ができるもんですが、前半の話の流れが実にうまく(スティーブン・キングの力ですが)、キャシー・ベイツの段々エスカレートするズレ、終盤には主人公と同化してるもんだからもう泣きたくなります・・・
 似たタイプでは「ゆりかごを揺らす手」もあれも自分にとってはかなりクル映画です。
 決して自分が拷問映画が好きなわけじゃあないんですよ(言い訳かな)
  1. 2007/06/21(木) 20:02:44|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカギ

福本漫画好きです。最近はカイジが評判ですが最初にはまったのはこの漫画や「天」などの麻雀漫画からでした。
 正直麻雀ですから運の要素が強いためカイジのエスポワール船ほどのゲーム的な駆け引きと説得力はないかもしれないですが、それでもこのなかの浦辺対決の面白さは福本節爆発で盛り上げてくれます。
 そしてあの絵(失礼)に対して麻雀牌などはばりばりのCG使ってますが、それが違和感なく逆に効果あげてます。製作者が原作のファンなのかアニメ独自のオリジナリティは少ないですが勝負の緊張感に気を使ってるのがいいですね。
 それにしても黒服にグラサンだけはもう少しなんとかならんものかとは思いますが・・・
  1. 2007/06/21(木) 13:13:39|
  2. まんが、アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポルノ時代劇 忘八武士道

孝・悌・忠・信・礼・義・廉・恥の人間の持つ八つの徳。それを忘れたアウトローを忘八者と呼ぶ。その鬼畜外道の集まりに飛び込んだ「人斬り死能」こと明日死能(すごい名前です・・)が吉原の利権争いに巻き込まれ剛刀、鬼包丁をぶんまわし切りまくるちょっとどころじゃなくエッチな贅沢な時代劇。
 と、一言でいえばこんな感じの映画です。
先日紹介した石井輝男監督の傑作です。最初のオープニングのクレジットの出し方は秀抜です。まずはこれでつかみはOKです。
次はタイトルにもある通りおっぱい攻撃で引っ張ります。きっかけさえあればすぐぽろりしてくれます。くのいち女郎にひし実ゆり子(ウルトラセブンのアンヌ隊員)を筆頭にくのいち軍団のアクションはある意味必見です。特に火消しの術には時間止まります。
 そして主役の丹波哲郎。惜しい人が亡くなりました。際物的な役が多いですがはまれば映画を食ってしまう存在感はすばらしいです。こういう見世物小屋的な映画にもよく合います。
 アクションも首や手が重力を無視したスピードと方向で飛んでいきます。かっこいい・・とは言い難いですがなんというか濃い、そう濃い時代劇です。うん。薄味の映画が最近多いなか濃さを煮詰めたこういう映画もたまにはいかがでしょうか。
  1. 2007/06/17(日) 09:55:58|
  2. 時代劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖 奇形人間 DVD発売

 石井輝男特集とかでたまに映画館でやってますがこの映画はビデオもDVDも出てなくなかなかみれないでいましたが、DVDでるみたいです。なんか江戸川乱歩の世界に一番近い映画である、というコメントをなにかしらで読んで、観たいと思ってたもんで早速注文してしまいました。といっても日本でなく米国版ででるんでリージョン1で日本のプレイヤーでは見れません。1回 DVDshrinkで取り込んでから焼きなおすと日本のプレイヤーでも観れますので、どうしても観たい方にだけ勧めます。。
 でもこの映画をみた人にはあまり期待しすぎないほうがいいよ、と言われましたがどうなんでしょうね。
http://www.fantasium.com
 ここのサイトは結構穴場でたまに日本で発売してない日本映画をだしてる時があるんでたまにチェックしています。ただ日本語字幕がないですから自分は邦画しか観れませんが。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

  1. 2007/06/14(木) 16:04:15|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆうきゅー

Author:ゆうきゅー
なんでも面白そうなものは見てます。
節操ないぐらい。一言で言えば悪魔のいけにえから
今、会いに行きます、まで・・一応好きな監督で見てますね。最近はDVDレンタルばかりです。
 あんまり皆さんが見ないような映画を多めに書いて紹介していきたいですね。

最近の記事+コメント

サーチ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。